【日進市】不動産査定の方法とは?のマンション・アパート・戸建て売却もお任せ

【日進市】不動産査定の方法とは?のマンション・アパート・戸建て売却もお任せ

不動産売却の際に依頼する不動産査定ですが、どのような方法を使って価格を出しているのかご存じでしょうか。日進市で不動産査定を承る株式会社ワークスプラスが、不動産査定の方法や3種類の算出方法について解説します。

マンション・アパート・戸建ての売却は、日進市の株式会社ワークスプラスにぜひご相談ください。

不動産査定の方法

不動産査定のイメージ

不動産査定の方法として、簡易査定と訪問査定があります。

簡易査定

簡易査定とは、机上で大まかな金額の試算をする方法です。物件情報から、相場や過去の取引実績などを参考に、価格を算出します。すぐに査定額がわかるため、早く知りたい方におすすめです。

訪問査定

訪問査定とは、担当者が実際に物件に出向き、査定をする方法です。周囲の環境や物件状態などから価格を算出します。簡易査定よりも正確な金額を出すことが可能ですが、価格が出るまでに数日かかってしまうデメリットがあります。

このように、両者の査定方法にはメリット・デメリットがあります。ご自分の状況に合った方法で査定を依頼しましょう。

一般的に、初期段階で物件のおおよその相場を知りたい場合には簡易査定、実際に売却するといくらになるかを知りたい場合には訪問査定を行います。

不動産査定の算出方法は3種類

不動産査定を算出している様子

不動産査定の算出方法は3種類ありますので、それぞれを見ていきましょう。

1.収益還元法

不動産から出る収益をもとにして、物件価格を算出する方法です。収益還元法から計算された価格を、収益価格や収益還元価格と呼びます。収益還元法はさらに細かく分けることができ、直接還元法とDCF法という2種類があります。

直接還元法の計算式は下記のとおりです。

不動産価格=1年間の純収益÷還元利回り

一方DCF法は、将来得ることのできる収益と予想価格から、現在の価格に換算する方法です。直接還元法よりもDCF法のほうが精密に査定できますが、計算が複雑ですので直接還元法を利用するのが一般的です。

2.原価法

原価法は、建物と土地を別々に分けて価格を出す方法です。

まず建物は、同じ物件を再建築した場合にいくらかかるのかという再調達原価額を出します。その後、建築経過の価値の低下分を換算して価格を算出します。土地は、主に路線価格や取引事例から価格を算出します。

原価法は、金融機関が物件評価の際によく使う試算方法です。土地価格に路線価を使うため、広さが価格を左右するという特徴があります。そのため、場合によっては収益価格と異なる価格になることがあります。

3.取引事例比較法

戸建てやマンションの価格を算出する際に使用される方法です。収益還元法と併せて使われることもあります。取引事例比較法で出された価格は、比準価格や取引事例価格とも呼ばれます。

計算方法は、周辺エリアの似たような物件の過去の事例を参考に計算します。

日進市での不動産査定、マンション・アパート・戸建て売却なら株式会社ワークスプラスにご相談ください

不動産査定は不動産会社に依頼することが一般的ですが、最低限の知識は持っておきましょう。

株式会社ワークスプラスでは、日進市を中心に不動産買取を行っております。マンション・アパート・戸建て売却を検討されている場合は、ぜひ一度ご相談ください。お客様目線に立ったわかりやすい説明とご提案を心がけております。Zoomなどを利用した非対面での対応が可能ですので、不動産売却をするなら、ぜひ日進市の株式会社ワークスプラスにご相談ください。

また、不動産投資資金調達支援を行っており、日進市に限らずホテル物件情報や太陽光発電用地を探しております。ホテルやビルの買収、M&A、リゾート開発、風力発電事業施設開発、配送センター、旅館などのリニューアル改修費、収益不動産オーナーチェンジ取得など、幅広い分野で融資のご相談に応じます。

太陽光発電用地・セカンダリー物件は海外投資家の買い手がおりますので、何か情報がございましたら、お問い合わせからご連絡いただけますと幸いです。

日進市での不動産査定・戸建ての売却もワークスプラスへ

会社名 株式会社ワークスプラス
住所 〒470-0104 愛知県日進市岩藤町所寒519-1
代表者 加藤 尚未
TEL 0561-74-7080(代表)
FAX 0561-74-7081
メール info@worksplus.co.jp
URL https://worksplus.co.jp