日進市で不動産売却(マンション・戸建てなど)をサポート!ローンが残っている場合は?

日進市で不動産売却(マンション・戸建てなど)をサポート!ローンが残っている場合は?

不動産売却をする際、気になるのが住宅ローンの存在です。まだローンが残っていると売却ができるかどうか不安に感じる方も多いでしょう。また、売る時期と買う時期の見極めがうまくいかないと、様々なデメリットが発生します。

住宅ローンが残っている不動産を売却する方法と買い替え時の売却・購入の適切なタイミングを、日進市でマンション・戸建ての不動産売却をサポートする株式会社ワークスプラスがご紹介します。

住宅ローンが残っている場合の売却方法

住宅ローンが残っている場合の不動産売却

マンションや戸建てを購入する際、多くの方が住宅ローンを利用しています。

しかし、人生には様々な変化が起こります。引越しが必要になり、マンションや戸建てを手放さなくてはならなくなることもあるでしょう。そんなとき、気になるのが「住宅ローン」の存在です。

マンション・戸建てなどの不動産売却は、住宅ローンが残っていても可能です。ただし、大前提となるのは、抵当権を抹消することです。

抵当権とは、万が一ローンが支払えなくなったときに、担保として不動産を確保しておくための金融機関側の権利です。

返済が滞れば、不動産を競売にかけて融資した金額を回収します。抵当権がついたままであっても売却はできますが、もし返済が滞れば誰が住んでいても競売にかけられてしまうため、抵当権付きの住宅を購入する人はほとんどいません。

この抵当権の抹消の条件は、ローンの完済です。売却金で住宅ローンを一括返済し抵当権を抹消することができます。

住宅ローンが残っている家を売却する方法を解説します。

1.売却金で一括返済する

住宅の売却金が住宅ローンの残債よりも多かった場合、売却金で一括返済ができます。

もしローン残高より安くても、預貯金と合わせて一括返済する、という方法もあります。

2.住み替えローンを利用する

今住んでいる家を購入し、住み替える際にローン残高を新たな住宅ローンに一本化する方法があります。

売却価格がローン残高に満たなくても、自己資金を用意して完済する必要はありません。

ただし、新しいローンと古いローンの契約が同時に進むため、タイミングが重要です。また、借入総額が大きくなるため、収入によって審査に通らない可能性があります。

返済の負担が増えるので、よく検討して住み替えローンを利用しましょう。

3.任意売却をする

ローンが払えずに滞納してしまった場合の選択肢です。不動産会社が仲介となり、ローンを契約している金融機関と交渉をして家を売却します。

売却金がローン残高に届かないことが多いため、残金は分割で返済していきます。

任意売却をした後はいわゆる「ブラック」の状態になり、クレジットカードが作れない・新たなローンが組めないといったデメリットはありますが、競売よりも高く売れるメリットがあります。

買い替えの場合は売却・購入どちらが先?

不動産売却についての疑問

住まいの買い替えには、家の売却と新しい家の購入という2つの大きな出来事があります。この2つをタイミングよく行わないと、手間もお金も無駄にかかります。

買い替え時、売却を先にする「売り先行」か、購入を先にする「買い先行」か、悩む方が多いでしょう。では実際にどちらを先にするべきかを考えてみましょう。

売り先行とは

売り先行は、家の売却を優先する一般的な住み替えパターンです。

住み替えを検討する場合、多くの人は住んでいる家のローンがまだ残っている状態です。そのため、家を売ったお金を返済にあて、次の家を買うという流れが一般的でしょう。

売り先行のメリットとデメリット

売り先行のメリットは、売却益が明確になってから購入できるため、資金計画が立てやすいとされています。また、新居を購入していないため、売り急ぐ必要がなく妥協せずに売却に集中できます。不本意な値下げが起こりづらい点は、売り先行ならではのメリットです。

売り先行で発生する最大のデメリットは、仮住まい問題です。売却した家の引き渡し日までに新居が決まり、さらに入居ができればよいのですが、都合のよいタイミングで新居が見つかるとは限りません。

売却してから新居に引っ越しをするまで長い期間があると、賃貸物件を借りる必要があります。賃貸物件を借りると、ファミリーの場合は半年で100万程度の出費です。さらに、引越しを2回行うため、手間も増えます。

買い先行とは

買い先行は、住んでいる家の売却がまだ決まっていない状態で新居を購入する方法です。

住んでいる家の売却は後回しにして、まずは自分たちの新居を探すことが第一優先で住み替えが進められます。

買い先行のメリットとデメリット

買い先行のメリットは、購入物件を決定するまでの期限がないため、じっくりと物件が探せます。また、仮住まいを必要としない分、賃貸物件を借りるのに必要な費用が節約できるでしょう。

買い先行のデメリットとしては、住んでいた家の売却先がなかなか見つからないと、家が売れるまでは二重ローンになるケースもあります。

また、売却の期日がある場合、買い手がつかなかったり金額の引き下げを要求してきたりすると、値下げせざるを得ない可能性もあるでしょう。

理想の住み替えは同時進行

売り先行・買い先行のどちらにもメリット・デメリットがあるため、理想は「同時進行」です。

売りも買いも同時進行させて、家の引き渡し日に新しい家の入居日を合わせれば、引っ越しをするだけで住み替えが完了します。

できる限り売り買いが同時進行できるように、工夫して売却・購入を検討しましょう。

日進市を中心にマンション・戸建ての不動産売却をサポート!株式会社ワークスプラス

不動産売却の理由はそれぞれですが、ローンが残っていても抵当権の抹消ができれば売却ができます。

ただし、結局は今残っている住宅ローンを何らかの形でゼロにしなくてはいけないため、どのように住宅ローンの残債を返済するかを考えなければいけません。

日進市にある株式会社ワークスプラスでは、マンション・戸建ての不動産売却をサポートしております。日進市をはじめ全国対応を行っており、Zoomなどのビデオ通話で非対面でのご相談が可能です。

また、日進市に限らず不動産投資資金調達支援を行っている他、ホテル物件情報や太陽光発電用地を探しております。太陽光発電用地・セカンダリー物件は海外投資家の買い手がおりますので、何か情報がございましたらお問い合わせからご連絡いただけますと幸いです。

日進市で不動産売却をするなら、ぜひ株式会社ワークスプラスにご相談ください。

日進市で不動産売却をご検討中ならワークスプラスへ

会社名 株式会社ワークスプラス
住所 〒470-0104 愛知県日進市岩藤町所寒519-1
代表者 加藤 尚未
TEL 0561-74-7080(代表)
FAX 0561-74-7081
メール info@worksplus.co.jp
URL https://worksplus.co.jp